2008年01月27日

岡村隆史の至言

昔から、女の子からよく聞いたセリフ。

「おもしろい人が好き」
「へんな人が実はタイプ」

まずはじめに言っておくが、この言葉が100パーセント嘘なわけではない。
だが、多分に誇張されているのだ。

僕はおもしろキャラを前面に出すことができるし、マイミクのほとんどの人たちは、「ああなるほど、そういうキャラのときもあるね」と思うだろう。
おもしろいかどうかは別の話であるが。

だが、合コンその他において、女の子と話すとき、それでうまくいったことよりも、失敗したことの方が経験上多い。
もうちょっと詳しく言うと…
最初は興味をもってもらえるのだが、結局はうまくいかない。

岡村隆史が言っていた。
「アイドルはおもしろい人や芸人が好きとか言うけど、あれがほんまなんはほんの一握りのアイドルのケースだけやで〜」
「たいがいの場合、最初は興味があるけど、そのうちキャラに慣れてきたら、結局芸人は飽きられるんやで」
「というか、心の奥では、実はつきあったり結婚したりする対象じゃないんよね。怖いもん見たさというか、そんなもん」

陣内はほんとうの例外要素なのだろう。
ほとんどの場合、「おもしろい、へんな奴」は最終的には女の子に選ばれない。

高校のとき、僕はへんなことをしていた。
大学のときも、もちろんその時々でへんなことをしていた。
実は今日、押入れの隅々を掃除していたのだが、「変である」ことの過去の証拠が次々と出てきた。
ここ三年くらいはまともになれたと思う。
思えば、大学を卒業したくらいから少しずつまともになれたようだ。

これは結局悪いことじゃあないんだよな。
その状況によってどちらでも出せるようにする。
おもしろい笑わせ役も、まともな役も。
これって退化じゃなくて、いいことなんじゃないか。

昔の友達はよくあおってくれた。
「お前は伝説やわー」
「あんたはそれでええねん」

これらは悪魔の呼び声である。
こんな言葉に耳をかして変なことばかりする。
すると楽しいのは、あおっているこいつらである。
絶対にまともな役まわりもできたほうがいい。
変なことやおもしろいことは、ほんのたまーにやるから面白いのだ。

まったく気づくのが遅すぎた。
しまった。

押入れの中から出るわ出るわ、シュリーマンのように神話を掘り起こしてしまった。

高校の文化祭時につくった「ナンパマニュアル」
大学の時につくった「阪大法学部史」
そして汚い写真。上半身裸。へたくそなマンガ、詩、その他もろもろ。

もうこんな惨劇が繰り返されないようにしなければならない。
あまりに人類は愚か過ぎた。
父をかえせ母をかえせ。
小学校の体育館で「ナンパマニュアル」のスライドを上映すべきだ。
むろん生徒は目をそむけてはいけない。
これはこの国で本当にあった出来事なのだから。
posted by 映画委員長 at 22:27| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/80959554

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。