2007年11月13日

26歳前後の入れ替え戦

今週の木曜日で26歳になる。
そんな時期を節目としながら、僕は自分の部屋で何をしているか。

僕の書庫が大々的な革命をなさんとしている。
そう、まるで今期と来期の阪神タイガースのように。

まず、本棚には、
1、柔道部物語
2、あずみ
が投入された。

それを受けて、
1、赤ちゃんと僕
2、ママレードボーイ
3、稲中卓球部
4、PURE
5、ふたりぐらし
6、高橋留美子短編集
が引退することになった。
誰かこいつらをひきとってくれる人はいないかのう。
バカブックオフにもっていくと、廃棄にされるんじゃ。

なお、
1、アカギ
2、THE 三名様
3、ブラックジャックアライヴ
4、1ポンドの福音
も引退が決定。ただ、こちらは売れるため、近所の「ブックオフ以外」の古本屋に持っていく。

さらに投入される予定として、
1、ブラックジャック
2、日露戦争物語
3、藤子不二夫短編集
4、がんばれ元気
5、TPぼん
6、エスパー魔美
7、その時歴史が動いた
8、死神くん
9、燃えるお兄さん
がある。

二年ぶりの大々的な入れ替え戦に、うちの本たちはびびっておる。

なお、
1、哭きの竜
2、キスより簡単
3、星の瞳のシルエット
4、耳を澄ませば
5、銀色のハーモニー
あたりも引退の可能性がある。
その際にはまた告知させていただこう。

で、本の話題だけだとつまらないだろうから、もう一つお話を。

この前の授業で僕の友達が発言したときのこと。
先生いわく、友達は「誤解していた」そうだ。
だが、先生はとりあえず友達の話を聞いていた。

すると、どこからともなく…
「えっ…」
「うん…?」
という声がきこえてくる。

そう、それらの声を出す者は「友人が間違っている」と思っているのだ。
そして、「自分は理解している」ということを無意識ながらアピールしたいのだ。

だが、僕は思う。
そんな声、出す必要はない。
発言者に失礼である。
全ての話を聞いてから、手を上げて意見を述べればいい。
友達はどう思ったかはしらないが、僕なら不機嫌になる。
僕は、友達のことだったけれども、腹立たしく思った。

ここは間違えてもらいたくないのだが、友達の発言の正誤はどうでもいい。
聞く者は黙って聞け。
相槌ならともかく、わけのわからんアピールをするな。

あと、他の授業での話しだが、僕の考えと先生の考えが食い違った。
単に先生が取り違えをし、僕が話し間違いをしていただけで、事実上は別段ずれたことを言っているつもりはなかった。

クラス中に笑い声がたくさんおこった。
僕はこういうクラスの反応に何回も出くわしたことがある。

机を叩きつけて一喝してやろうかと思った。

何がおかしい!!

ここは学ぶところで、各々が発言するようにプログラムが組まれている。
他者の発言に対して笑うとは何事であるか。
黙って聞いて、手を上げて発言すればよいではないか。

僕はどんな変な発言だろうが、返答だろうが、黙って聞いている。
笑ったり、「うん…?」とか言ったりする人は何を考えてやっているのか疑問に思う。
無意識にしているならば、とんだ悪癖だ。

上役の発言に対してそんな反応してみろ。
きみたちの首はとぶぞ。

帰り道、友達がこう話しかけてきた。
「さっきの森くんの発言、〜という意味やんな?先生と行き違いがあっただけで、別に間違ってないのに、なんでみんな笑ってたんやろと思った」

僕はそれで救われた気がした。

とかく、イライラするからああいうのはやめていただきたい。
いろいろな場所で話したところ、同意見の友達は実は何人もいてびっくりした。
posted by 映画委員長 at 13:30| 奈良 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初コメです〜^^
いやはや、本棚に革命を起こしましたか。
僕の本棚もそろそろ整頓してみようか・・・
ブックオフにハードカバーの小説やテキストなどなど30点くらい持っていきましたが、微々たる収入っす。
中には返品された可哀想な本もあった。
ひどい、重かったんだぞ〜!

論点をとり間違えて会話が進む局面はよくある。
確かに論議している二人を差し置いて笑っていたり、ヒソヒソはなすのは不適切だ。
意見はしっかり挙手して述べるのが大人のマナー。
それが出来ない取り巻きは黙っていろ!!
と思う。
机を叩いて静粛にさせるのもいい手だ。
本当に会話が分かっているのは当の本人たちだけなのだから。
Posted by セイロ at 2007年11月14日 00:10
>いらない本
ください。
Posted by 鈴木良尚 at 2007年11月14日 00:33
 笑うと免疫力がアップするらしい。
 でも、「笑う」と「嗤う」は違うんやけどね。後者では免疫力がとんだけあがっても、病気の前にいつか誰かにやられるよな(笑)
Posted by よしや魔 at 2007年11月14日 00:39
>セイロ
いやあ、初コメありがとう☆
だろー、ブックオフなんて、ほとんどこちらが慈善であげているようなもんだよ。
あんなとこに渡すくらいなら、身近な人や個人でやってる古本屋にあげるね。
事実、なんどもあげた経験があるし。

よく言ってくれた。
同じ場面に出会ったときに、きみはどうするのだろう。
僕は同じような状況におかれても、発言はやめない。第三者の悪い態度を恐れて、学問はできない。
ただし、希望を言えば、彼らにはそういう態度はやめてもらいたいな。


>鈴木良尚
どれが欲しいですか?
どのような手段で渡せばよいですか?


>よしや魔
なるほど。
確かに笑いの質にもよりますね。
僕は他者の失敗を笑うことを全否定はしませんからね。
ただ、授業中という背景が問題だし、そもそもそんなにおもしろいか?と疑問に思います。
Posted by 映画委員長 at 2007年11月14日 12:35
誕生日おめでとうございます、モリカツ&龍馬さん。稲中卓球部欲しいっす、できればママレードも
Posted by ツカンポ at 2007年11月18日 14:20
>ツカンポ
メールありがとうございます。
ええ、ぜひともあの変態どもをもらってくだされい。
あー、じゃじゃ馬グルーミンUP買おうかなあ…
Posted by 映画委員長 at 2007年11月20日 12:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/66267491

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。