2007年11月09日

アンチブックオフ

前々から抗争が絶えなかった、僕とブックオフ。

またまた箕面店でもめごとが勃発した。

ブックオフ箕面店には、CD100円コーナーがある。
僕はここを物色するのが好きだ。

で、その日も楽しく物色していたわけだ。

ところが、レジにもっていくと、全部「350円」でカウントしやがる。
僕「ちょっと、それ、100円じゃないんですか?」

店員「えー、こちら、書いてある値段になります」
僕「だって、100円コーナーにありましたよ。しかも複数枚」
店員「どちらですか?」

店員を連れて100円コーナーに。
たしかに僕がレジに持っていたCDと同じものが複数枚置いてある。

店員「…書かれている値段になります」

そして

その「350円CD」を、もう一回100円コーナーの棚に置きやがった!!

こらぁ〜

僕「アンタな、まぎらわしいやないか。それならまだいい。僕が間違えて持ってきたCDをまたなんで100円コーナーに置くんや?」

店員無言。謝りなし。

僕「まあええ。このセット本やけどさ、4巻だけが汚い。汚すぎる。これは売りモンやないやろ。4巻だけ、他のとかえてくれ」
店員「ちょっとお待ちください」

奥から、上司と思われる女の店員出てくる。

女「おきゃくさま〜、いいですかぁ〜、こちらは、セット、セットでkの値段なんですよぉ〜。わかります〜?」

カチン

僕「ほうほう、売りモンやなくても、セットにして売るつもりですか」

女「はい〜??どうして売り物じゃないんですか、よかったら教えてくれますか〜」

この女はほんとに生意気だ。
なめやがって。

僕「おうおう、ほな言わせてもらおか。あんたら本の買取査定の際、どうしてる?ちょっと汚れとったら廃棄と言うやろ?」
女「汚い本ですからねー、仕方ないですねー」

僕「ふーん、ほんだら、この4巻は廃棄する本よりキレイっちゅうんか?」
女「売り物ですからね、もちろんですよ〜」
僕「じゃあ写真とっとくわ。ほなこれより客観的にきれいな本はすべて査定で通せよ。しかもこれを売りものにしてるっちゅうことは、これは最低でも10円査定はついてるわけや。ほなこれよりキレイやったら最低30円査定からつけろや。あんたが『これは売り物にできるほどキレイ』やと保証したんやからな。あんたの名前なんや、査定のときに他の店員に言ったるわいや」

女「…別にー、名前とか関係ないんじゃないですかー」
僕「いやいや、アンタが保証したようなもんやないか。名前聞いとかな」

女のえらいさん、無言。

そして

なんと

無視して、そのセット本を持ってどこかへ消えてしまった。
僕はあっけにとられ、「やられた!」と思った。

そう。どの世界でも、口がたつより実力行使の方がすぐれているのだ。

読者のみなさんに言っておきたいことがある。
僕はケチでつっかかっているわけじゃないのだ。
本を愛する一マンガファンとして、フェアじゃないやり方が許せなかったのだ。

査定は適当。しかも安い。
廃棄を連発。しかも客が「持って帰るのしんどい」と思う気持ちを知っておきながら。

廃棄した本を売っている!!

本にベタベタ値段シールを貼る。
いらっしゃいませの大声がうるさい。

けっこう高値で売っている。

はっきり言おう。
僕は学生だから、新品で買うほどお金はない。
それにブックオフには競合店があまりない。

だからブックオフを利用しているだけだ。
正直、ブックオフはあまり好きではない。
というか、古本屋はあまり好きではない。

そして、僕はまたどこかでブックオフの店員とやりあうことだろう。

もちろん誰かが一緒のときはやりあわない。みっともないからね。
しかし僕が一人のときは…

ブックオフの店員、なめた態度とってちゃいかんよ。
posted by 映画委員長 at 17:43| 奈良 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同じくキレますね。
ちなみに僕はその場でその店員の目の前で本社に電話しますよ。

昔それで携帯を無償で交換させました。
Posted by ばてぃ at 2007年11月09日 22:12
僕も、これからブックオフを利用したくなりました(笑)
Posted by あきっぺ at 2007年11月10日 15:40
>ばてぃ
なるほど、常に本社の電話番号を携帯に入れておくと便利そうですね。
よし、これからはそれでいじめてやろう(笑)


>あきっぺ
ぜひ、ブックオフの100円本コーナーで購入し、二日後くらいに買取に持っていってください。
必ず半分くらいを廃棄にしやがるはずですから。
捨てるはずの本を売っているということですね。
一喝してやってください。
Posted by 映画委員長 at 2007年11月13日 13:34
度々拝見させていただいております。
ブックオフ抗争、感心させていただいております。絶対にブックオフに負けないで下さい。では。
Posted by すね毛 at 2007年12月02日 00:56
>すね毛
ブックオフはどうしてこんなに程度が低いのかわかりません。
おそらくすでに色眼鏡ができてしまっているのでしょう。
そう、ブックオフは最悪だ、最悪だ、と。
ブックオフで本を買うのは、ブックオフが好きだからではありません。そこしか安く買えるところがないからです。
Posted by 映画委員長 at 2007年12月03日 12:34
抗争みさせてもらったのですが、
そこのお店の対応最悪ですね!

私も今現在ブックオフでバイトをしているのですが、恥ずかしくなってきます…

それに、一年半月そして今現在ブックオフでのバイトは私にとって最近鬱としか思えなくなったので三月いっぱいで辞めさせてもらおうとおもっています…

トレーニングの仕方や無責任な店長やトレーナーの言葉、差別、お客様への無責任な対応…

もう、色々最悪です。
Posted by yukina at 2013年03月16日 13:29
>yukinaさん

こんにちは。お返事が遅れてすみません。
何年か前に書いた記事を今読み返すと、こりゃ、僕が悪いです。クレーマーの部類です。しかしブックオフで本を売りたくないというのは今も同じです。店員さんを嫌ったりすることはもうありません。最近では、秋葉原や上社のブックオフにお世話になっています。100円の本は今も変わらず、アツいですね。
Posted by 映画委員長 at 2013年09月29日 00:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/65504367

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。