2007年09月30日

明日から全て、新しい

いよいよ夏休み最後の日だ。

この夏休みはいろいろやったが、やはり良かった点とダメだった点がある。
良かった点は、たくさんバイトができたこと、睡眠がとれたこと、思い出をたくさんつくることができたこと、CDや本や服のラインナップが充実したこと、ミクシーやブログが発展したことである。
ダメだった点は、勉強を怠ったこと、ダビスタをしすぎたこと、暴飲暴食を繰り返したことであろう。

まあ全ては明日からである。
僕は明日からの生活について、いろいろ工夫をこらしている。
その通りにいくように、頑張ってゆきたい。

とりわけこの夏では、新司法試験に対しての焦燥感が高まった。
僕はどうも努力の量が人の十分の一くらいしかなく、人生も遠回りをしてしまう。
そんな僕だって、勝負にかけるときだってある。

はっきり言って、こんなこと、人生の長いスパンで考えればばかばかしい。
なんだってそうだ。
たった一つの目標を達成すれば全てがオールクリアだなんて、バカの発想じゃないか。

私立中学に受かっても、大学受験をクリアしても、バイトが決まっても、それでも苦難なんてやってくる。
逆に、別に受験や試験や勝負に負けたって、幸せは幾億とある。
幸せか不幸せなんて、ほんの少しの差なんだ。
何かができたから幸せが続くなんておかしい(その一瞬はもちろん幸せだけど)。
何かができないから不幸せが続くなんておかしい。

だから何かに焦燥したり、自分を追い詰めたり、悲観的になったり、そんなことは何にもならないってわかるだろう。

だから焦燥している時点で、僕は長蛇の道を逸してんだよな。
未熟だってことだ。
「弁護士になる」僕しか必要としない人だって同じ、結局、弁護士という幻想にやられてんだ。

明日はきらきらとやってくる。
勉強そのものを呼吸のようにできたらいいな。
ほんとうはそれだけを切望するなんてばかげたことだけど、あえてばかげて言ってみたい。
しがみついてでも、試験に受からないとって。

明日から、また、普通に日々がはじまる。
昔の人が言ったのはね、「自然は変わりなく移り行くのに、どうして人間はじたばたするんだ」ってこと。
しかし、それはおかしいだろ。
人間は、自然じゃないんだ。じたばたするってわからないかな。

明日から、心底嫌な通学をする、心底苦痛な勉強をする。
じたばたと十月をはじめさせてもらおう。


と こ ろ で

突然ですが あなたにとって私はどんなイメージですか?


太陽











バイト先で使う資料に用いたいのです。
コメントお待ちしています。


PS
あー、寒い日がくるの、やだー
posted by 映画委員長 at 20:03| 奈良 ☔| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
火、かな。
常に何かに向かって燃えている感じ。
太陽のように全てを照らす感じではないので、火で。
Posted by kato at 2007年09月30日 20:37
>kato
へえ、意外や意外。
例えるなら、国士テンパイでもリーチ!
理由は「たまったリー棒が欲しかった」から。なんてね(笑)
Posted by 映画委員長 at 2007年09月30日 21:11
最近はついついすっかりロムってました…。
キリンの名づけの親です。←一つ下の記事へ

イメージかぁ…
「海」で!
白波が次々と打ち寄せる荒れた海、そんな力強い感じです。

お互い頑張りましょう!
Posted by ナラ at 2007年10月01日 23:30
>ナラ
レスが遅れてすみません。
なるほど、海ですか!これまたいいイメージみたいで、ありがとうございます。
その調子でいくと、どうも太平洋ではないね。日本海か…(笑)
個人的にはミステリアスな夜の大西洋なんかになりたいですね。もしくは日差し明るい日の太平洋のどまんなかとか!
Posted by 映画委員長 at 2007年10月07日 22:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/58083442

この記事へのトラックバック


Excerpt: 私立大学私立大学(しりつだいがく、英語|英: private university)とは、私立の大学のことである。略称は、私大(しだい)である。「市立大学」と混同しないように、口頭では「わたくしりつだ..
Weblog: 大学へ行こう
Tracked: 2007-10-01 14:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。