2007年08月27日

漫画を新品で買うなんて

まずは報告。
シスターテイル号はG1を6つとり、キングジョージアンドクイーンエリザベスに挑戦したものの敗れたが、結局は殿堂入りした。
今はマキバオ牧場の良い繁殖牝馬として活躍している。

昨日、本屋に行った。
目的は二階のツタヤがDVDレンタル100円セールをやっていたからだが、買うべき本を調べるため、一階の本屋にも立ち寄った。

漫画を新品で買うなんて、一昔前の僕には信じられなかった。
一冊400円ないし550円。
中古本屋に足をゆかせば、一冊100円で手に入るやもしれないコミックがだ。

しかし、最近は新品で漫画を買うことにある種の楽しみをも覚えている。
それは、「定期的に買うことの楽しさ」にある。

本屋に行く。
コミックコーナーを調べる。ああ、この漫画、新刊出てるんだと手にとることができる。
そしてまた暇なとき、本屋に立ち寄ろうと思える。

定期的に買うものがあるということは、一種の楽しみであろう。
雑誌が売れている理由の一部分もこれにあるのではないか。

なお、昨日は以下のコミックを購入した。

1、たいようのマキバオー1巻
2、新版めぞん一刻8、9巻

さらに僕は以下の漫画を定期的に購入している。

1、アカギ
2、衛星ウサギテレビ
3、極上カバチ
4、極悪がんぼ
5、オバカミーコ
6、21世紀少年

今後これに
1、島耕作シリーズ
2、黄昏流星群
3、新版かぼちゃワイン
4、よつばと
が加わるかもしれないが、1と2は最初から集めてない上にすでに多くの巻数が出ており、3は旧作と比べて黒くなってそうなので加わらない可能性も高い。
また、4はとりあえず漫画喫茶で内容を確認しないと失敗するかもしれないので、まずは1巻を確認だ。

ドラゴン桜も集めようと思ったが、1あまりに目標がみみっちい、2弟がいらないと言っていた一定の巻をくれない、という理由のためにやめた。

基本的には心に伝わる話が読みたい。
個人的には、何か苦しい、せせこましい漫画よりも、大きな軽い広い漫画が読みたい。

読んでいて、読み終わって、人生が楽しくなるような、人が好きになれるような、そんなお話が良い。

ともあれ、新品の漫画には、ある種の価値あり、である。
posted by 映画委員長 at 21:34| 奈良 ☁| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
漫画喫茶で確認するくらいなら、よつばと1巻お貸ししますよ?
明日塾にこられますか?
キャビネットに入れておきますね♪

ばてぃの中では今ジパングが熱いです!
Posted by ばてぃ at 2007年08月29日 22:21
漫画を定期的に買うっていうのが楽しみっていうのはわかる気がする!

私は単行本のクレヨンしんちゃんが出るのをいつも楽しみにしていますわん☆
Posted by みかちん at 2007年08月30日 00:18
>ばてぃ
さっそく一巻読みました!
まさに僕の心情がごとき漫画でしたね。
これを本棚に並べることは、実に心地よいことだと思われます。
ジパングはアツイぞ!!

>みかちん
クレヨンしんちゃん…僕はですね、そういう、ちょっと王道からずれた漫画が好きな人が大好きです!
ぜひともこれからも本棚にならべてやってくだされい。
Posted by 映画委員長 at 2007年09月04日 02:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

たいようのマキバオー 1巻
Excerpt: たいようのマキバオー 1 週刊プレイボーイ・コミックス つの丸  税込価格 : 530 (本体 : 505)  出版 : 集英社 「みどりのマキバオー」の続編。 続編であって、続編でない..
Weblog: マンガの本質
Tracked: 2007-08-29 08:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。