2007年08月14日

ミクシー日記(5月25日分)

「嗚呼、青春の日々」


今から一年と少し前のこと。
出身高校の奈良学園に遊びに行った。

奈良学園がある奈良県大和郡山市は泉原町。
住宅地にある一角に、とある看板がある。

「飛び出し禁止!!」

ただたどしい少年の絵、そしておどろおどろしい車の絵。
どんな子どもでも、車に恐怖心を覚えるであろう。

九年前の僕は、この看板に落書きした。
そして、それから八年たった今でも、看板の落書きはそのままだった。

冬の日差しが優しい、住宅地の曲がり角。
僕はあの日の郷愁に、時間を奪われた。

思わずほほえんでしまったのは、季節のいたずらかもしれない。

落書きは残っていた。
「飛び」はあの日と同じ、「中」に変わっていた。


posted by 映画委員長 at 00:40| 奈良 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2007年05月25日
22:36
* 愛 *

きもちわるいー(´∀`)笑




小学生かっ

2007年05月25日
22:44
きんにく→ほね

おもろい!!

2007年05月25日
23:10
ノム

素で笑いました、流石です!!

2007年05月25日
23:14
ばてぃ

すげぇ(笑)爆笑しました

これは伝説ですよ

2007年05月25日
23:34
もっこり山

きみの伝えたいことはわかる。その心、正に真。

2007年05月26日
00:32
にっしー

泉原なつい(笑)

その看板って公園のとこにあるやつ

2007年05月27日
09:12
比奈子

おいっ!(笑

2007年05月27日
13:44
みかちん

昔からそういう落書きを楽しんでいたのね(~_~;)(笑)

2007年05月27日
23:04
モリカツ

>愛
むしろ心地よい!まるで一陣の風のようだ。

>きんにく→ほね
ありがとう、こいのぼり。

>ノム
これは単なる史実にすぎません。

>ばてぃ
これが伝説なら、僕の記憶の中身は伝説だらけですよ。

>もっこり山
僕が伝えたかったこと、言ってくれたまえ。

>にっしー
公園…あるにはあるけど、ちょっと離れておるよ。

>比奈子
「中」に変えたとしても、けっこういいこと言ってますよね。

>みかちん
今はそんな落書きしてないじゃないか!

Posted by コメント at 2007年08月14日 00:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。