2007年01月23日

本屋さんへ行ったなら

僕はぶらぶらと本屋さんに行くのが好きだ。
もちろん中古本屋さんに行くのも好きだ。
かつてレコードショップに行ったらどういうふうに見て回るかを書いたが、今回は本屋さんについて書いてみようと思う。



まず、新品を扱う本屋さんの場合。



とりあえず漫画コーナーに行く。おめあては「極上カバチ」、「極悪がんぼ」、「オバカミーコ」、「アカギ」。最近では島耕作シリーズ、黄昏流星群、日露戦争物語、ジパングなども買っていきたいなと思っている。
アカギはいつになったら新刊が出るのか。いつ終わるのか。



それから週刊誌のコーナーに移動する。関西ウォーカーや関西一週間を読む。横にある、ぴあや、デートぴあや神戸ウォーカーあたりにも目を通す。気に入ったトピックがあれば、それを買う。



かつては近代麻雀を定期購読していたのだが、内容がだんだんと薄くなっているような気がして、最近では単行本待ちにしている。なんかね、特殊な状況での麻雀とか、運による麻雀とか、麻雀ドラマには興味がもてないのだ。



あと、映画雑誌も見てみる。映画雑誌を買うことはまずない。関西ウォーカーにトピックがあるからね。音楽雑誌も見るが、かなり気に入ったアーティストの長文インタビューがない限り、買わない。最近の音楽はわかんない。



次に、趣味本のコーナーへ。最近探しているのは、誕生花など、365日それぞれの特徴が掲載されている本。だって、誕生日を祝うのに便利でしょ?



あと、麻雀コーナーへも立ち寄る。片山まさゆき先生の本であれば、すぐに買う。あと、最近ではとつげき東北や佐々木寿人やすずきたろうの本も欲しい感じ。理論的で実践的なイメージがある。同じギャンブル関係であるが、競馬のグレードレースデータ集も欲しい。



昔はここで楽譜のコーナーに行ってたんだけどなぁ。今はギターを弾くことも少なくなってしまった。JUDYANDMARYやエレカシやミスチルの楽譜、欲しかったなあ。ミスチルの楽譜は誰かに貸したまま、どこかへ消えてしまった。



次にサッカーやビリヤードやボーリングや将棋などの遊びの本を見に行く。やっぱりやるときは「うまいね」って言われたい。しかしなかなかピンとくる本はない。最近は実はオセロの本がほしい。学祭でオセロ部のイベントに行って、負けたの、かなり悔しかったんだなあ。僕はこういう負けたのを忘れず、いつもバネにしている。碁やダーツはもうちょっと大人になってからにしよう。



一般書としては、ワルの知恵本など、社会に関係するものを探している。青木雄二や小林よしのりはのきなみ読んでしまったしなあ。



とにかく読まないのはファッション誌。どうも読んでいて何に役立つのか今一つわからない。まあ、好きな人は好きなんだろうけれども、やはり僕は店頭で実際に触った服にしか実感がわかない。見た目だけを先行させてイメージ化するということは性にあわないのだ。



そして、実は言いにくいことなのだが、僕は小説などの、「文章」をほとんど読まない。ほんと、読むことがない。一つには、そそられる本がないという理由があり、もう一つは読もうと買ってきた本がたまっているということだ。小説好きな人は、ほんとに上品な趣味だと思う。ちなみに全く読まないわけではないので、オーヘンリーの短編集あたりは今でも探している。さて、名前だけで買ってきた村上春樹をはやく読まないとなあ。



話を戻さないと。次は旅行に関しての本を見に行く。海外旅行に興味はあるが、いつもなぜか国内旅行の本を読んでしまう。目下行きたいところは、北海道(札幌)、東北(仙台か福島)、北陸(石川か福井)、長野にスノーボード、東京(および関東)、名古屋(日帰りで)、和歌山(これも日帰り)、岡山、九州(福岡、長崎、熊本、大分)、沖縄である。なんだ、ほとんど全部じゃないか。注釈であるが、海外で行きたいのはアメリカ(カリフォルニア、ニューヨーク)、フランス、イタリア(ミラノ)、スイスである。



ところでこの本屋が生協であれば、法律書を見に行く。刑法判例百選(各論)、Cブック行政法、新しい六法、択一問題集(民法)あたりが欲しい目録だ。同時に、理系の本も見に行く。竹内薫の「ファインマン物理学を読む」がお目当てである。



最後に、参考書コーナーへ行く。今指導している中高生に使えるものがないかどうか。目下、中学二年生を対象とした国語の問題集を探している。あと、高校二年生の数学の問題集とか。古文の文法を優しく書いた本があればそれもいい。マドンナ古文は高校受験にはちょっとマニアックすぎるのだ。



僕が新品の本屋さんをまわるときは、こんな感じ。



では、古本屋の場合はどうか。



まず、もちろん漫画である。古本屋では「HOTEL」、「栄光なき天才たち」、「メダカの王国」、「ハローハリネズミ(最終巻)」を探す。最近では「沈黙の艦隊」、「あずみ」、「ふたりえっち」、「サラリーマン金太郎」、「源氏物語」、「天牌」、「がんばれ元気」あたりも一から集めてみたいなあと感じている。



次に、CDを探索。250円以下であれば、買う。もうレンタル屋にないものには金に糸目をつけない。リンドバーグの各オリジナルアルバム、インフィクスと田村直美と小谷美紗子のオリジナルアルバム、TMレボリューションとワンズとザードとスピードのベスト。バックトゥザタイタニック(サントラ)。



最後にDVDをみる。ジブリシリーズは欲しいのだが、ちょっと高い。現実的には「ジョーブラックをよろしく」とか「ビッグフィッシュ」とか「ラブストーリー」とか「猟奇的な彼女」とか。



まあそんな感じでのんびり見ている。とにかく本屋さん、古本屋さんってのはおもしろい!あなたが考えている以上に発見があり、喜びがあるものだ。さあ、やることが終わったら、本屋さんに繰り出そうではないか。
posted by 映画委員長 at 13:38| 奈良 ☀| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
よく短時間でこんなに書いたね(><)

私もファッション雑誌は読まないなぁ。どちらかといえば、週刊誌を立ち読みしてしまう子ですわぁ。

Posted by こやこや みかみか at 2007年01月23日 14:13
おひさです。
オレは会社から帰ってきて、本屋へ立ち読みに行くのが結構好きだったり♪
新品屋で読むのは車雑誌、旅行雑誌、社会系雑誌ぐらいかな。。
古本屋はマンガの立ち読みオンリー。
最近は「鋼の錬金術師」を10巻ぐらいまで読んでます。
Posted by ゼルビス使い@バッテリー切れぽ at 2007年01月30日 23:26
>こやこや みかみか
おお、共通点ですね。週刊誌、ひさしく読んでないなあ。ちょっとくらいは芸能に詳しくないといけないなと思う、今日この頃。

>ゼルビス使い@バッテリー切れぽ
おひさです。
古本屋、僕も立ち読みしますけど、なんだか腰が痛くなりませんか?
ちょっと前かがみになってみたら、パキパキって鳴ったり。
それに、数時間立ち読みした後は、なんだか仕事を終えた後のような開放感におそわれます。
鋼の錬金術師。若い!
Posted by 映画委員長 at 2007年02月07日 12:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31953664

この記事へのトラックバック

沖縄の癒し・遊び・楽しさを!
Excerpt: 沖縄の観光スポットやホテル、ショッピング情報を実際に行った感想を交えながら紹介しています。
Weblog: ことり的☆こころ癒し満腹沖縄旅
Tracked: 2007-01-23 20:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。