2006年10月24日

オンリーワンとナンバーワン

数年前に、スマップの「世界に一つだけの花」という曲がヒットしました。音楽業界的には久しぶりのヒットだったらしく、紅白のトリもその曲がつとめていました。



その歌詞の中にある有名なフレーズが、「ナンバーワンにならなくてもいい もともと特別なオンリーワン」というものです。



このフレーズ、多くの小中高校で教材として使われたらしいです。なるほど、わからなくはない。ナンバーワンを目指せ、と教育すると、実際にナンバーワンになった者以外は不快な思いをするでしょう。そう考えると、「全員がオンリーワン」とほめたてた方が、精神教育上、いいことかもしれません。



ただ、個人的にはこの考えはいただけません。それだと、向上心がなくなってしまう。だから僕は自分自身について、「オンリーワンなのだから」と納得することはないのです。やっぱり、どんなことについても勝ちたい。それに見合う努力ができているかと問われると頭を掻いてしまうのですが、そういう気持ちはある。そして、そういう気持ちを持ち続けていること自体、僕は美徳だとすら思っているのです。



いつでも自分の中の種火は消さないほうがいいのです。ここで種火というのは、勝負に対する「勝ちたい。ナンバーワンになりたい」という心のこと。



種火は、いろんなことで消えてしまいそうです。あきらめ、慢心、不安、混乱…でも、負けたくない気持ちは消してはいけないのです。僕の勝負哲学上、「勝ち」の概念をこう定義しています。



たとえば、麻雀なり勉強なりスポーツなりで、そいつに一回勝っただけではほんとうの勝ちとは言えないのです。そいつに、「あ、オレは二度とこの人に勝てない」と思わせたときこそが、ほんとうの勝ちなのです。



種火を消すとは、「もう二度と勝てない」と思うこと。そして、「もう十分に勝った」と勘違いすること。これらをやってはいけない。



で、長々とオンリーワン批判をしたのですが、ナンバーワン批判もさせていただきたい。



僕はね、勝負事は最後の最後まで続くと思っているのです。ナンバーワンだけを考えるのならば、ナンバーワンになれないと思った時点で勝負を降りればいいのでしょう?でも、それは軽率だし、脆弱。



勝負というのはそういうことではない。一番が無理なら、二番を狙う。二番が無理なら、三番を狙う。そういうものでしょう。だから僕は塾の生徒にこう教えているんです。



「何も書かなかったやつより、問題だけでも写したやつの方がえらい。問題を写しただけのやつよりも、解答をうつしたやつがえらい。解答をうつしたやつよりも、解答を見ながら考えてみたやつの方がえらい。みな同じ不正解だとしても、それらは同列じゃない。一行書くより、二行書いたほうがえらい。90分の授業で、一分間しか話を聞かなかったやつより、二分間聞いたやつの方が前にすすむ」



もちろん、勝負をする以上は一番を狙うべきです。しかし、一番が無理だからといって、おりることが勝負ではない。一番が無理なら、二番を狙えばいい。その点で、勝負はナンバーワンをのみ考えるものではない。



勝負について哲学をもつことは、いいことだけれども、接しにくい人間だという印象をも与えてしまう弊害がある。まわりの人をひかさないように。そこで、勝負勘を確立しながらも、それを表に出さない人間がのぞましい。みんなといるときは、それ用に態度を保てる人間がのぞましい。僕は今、そういう人間になろうと思っているのです。
posted by 映画委員長 at 13:18| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26073454

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。