2006年10月16日

数学がどうしてもわからん

僕は数学が得意だ。正しくは、「得意だった」。それはもう、とんでもなくできた。阪大法学部に、僕より数学ができた人間はいないだろう。数学のおかげで中学受験(算数)もうまくいったし、大学も通ったようなものだ。



で、今、塾の先生として高校生に数学を教えている。これがもう、とんでもなくデキがよくない。中にはできる子もいるんだけど、「何をやったらいいのかわからない」という子が大部分を占めている。



計算力もよろしくない。たとえば、31×19とか、7の4乗なんてのが暗算できない。そんなものできるか!と思う人もいるかもしれないが、やっぱり大学受験でそこそこのレベルを狙おうと思えば、そのくらいの計算力は必要なのだ。



ときに僕はぐったりしてしまう。どうしてこんな単純な問題が一度でできないのか。そもそもやる気がないんじゃないのか。いや、きっとそうだ。そんな風に自己完結してしまう。そして哀れみに近い感情をもってしまう。



話はかわるけど、僕はパソコン(特にシステムについて)が苦手だ。車の運転も苦手だ。パソコン用語は基本的なものはわからないし、車庫入れなんてカン以外の何者でもない。



昔、パソコンが得意な友達にパソコンについて聞いたことがある。すると、すごく嫌そうな態度で、「なんでこんなのもわかんないの」みたいな雰囲気だった。そして彼は(何人かに聞いたから「彼らは」かな)、自己完結で問題を終わらせたりうやむやにしたりしていた。実に腹立たしかった。



車の運転についての話もある。僕が失敗すると、「危ない」「怖い」と言われる。そして僕がイライラしだすので、気を使うようになる。それから最後には哀れむような態度になる。実になさけない気持ちになった。



そういえば、英語の例もある。僕は英語が極端に苦手だ。で、英語ができる奴に対しておどけて英語で話しかけたりすると、すぐに文法や単語のミスを指摘する。そして、カラオケで洋楽を歌うと、発音のミスを指摘される。とてもやりにくい。



ここまでの話について、けして相手の人が悪いわけではない。もともとパソコンには「ヘルプ」機能があるし、自分でも時間をかければできる。車は「動く凶器」と呼ばれるようにとても危ないものだ。英語についても、コミュニケーションの道具なのだからと、正しく訂正してくれたのだろう。



その気持ちはわかる。



しかし、あまりやさしくない。どこかに「自分はできる」という意識が残っている。それが、僕にはよくわかる。簡単なことを当然のように言ったり、哀れんだり、細かい上級のことを指摘すること。それは強者の論理の正解であって、弱者の立場に立っていない。



そして僕もやさしくない。数学について、同じことをしている。麻雀について、同じことをしている。そのほかのことについても、僕と比べて相対的弱者(パソコンに関して、僕と親の関係など)に対して、同じことをしている。



今日の話は、僕が最近なにかいらだったという話ではない。数学を教えていて、ふと、そういうことに気づいたということだ。そうだ、自分より弱者については、適切に、そしてけして哀れまず、話に接してやる必要がある。数学がわからんのならば、どうしたってわからんのだ。僕にもどうしてもわからんことは山ほどあるのだ。別におかしいことじゃない。



勝手に「ふつう」を作り上げて、「ふつうはできることだぞ」とか言って、できないことについてマイナスイメージを与えてはいけない。僕だってできない。だから、できるようになろうじゃないか。できるようになるまでは、苦しい。心が高ぶることも、不安になることも、投げ出したくなることもある。でも、できるようになりたいとはじめに思ったならば、できるようになろうじゃないか。みなおんなじなのだ。
posted by 映画委員長 at 14:08| 奈良 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
風邪ひいて寝てました。
今回のコラムには賛成致します。
人それぞれ得手不得手があるからね。
7の4乗なんか、筆算でやっても間違える自信があります。
Posted by 映画委員 at 2006年10月18日 03:09
・31×19=31×(20−1)
・7^4=7^2×7^2=49^2=(50−1)^2
という風に考えれば暗算でもできるけど、地道にやると自信ないねー。

数学はオレも基本的に好きです。
阪大(文系)の入試は基本的にカンタンやったなぁ。正統的でオレは好きやけど。
Posted by ゼルビス使い@あと約100kmの命 at 2006年10月18日 23:30
>映画委員
今日は昼飯おいしかったですか。僕はおむすびを食べていましたけど…
50代くらいになってからでいいので、一度かるーく数学を勉強してみてください。きっといいことあると思います。だまされたと思って。


>ゼルビス使い@あと約100kmの命
個人的には19×(30+1)にするかな。あんまり引き算での二桁計算はしませんねえ。阪大の入試は90分でしたか。あれ、僕は35分くらいでできました。見直しはいろんな検算方法で20回くらいしました。しかし、今はそんなことできても無意味なのです。法律ができないと…
Posted by 映画委員長 at 2006年10月19日 13:35
激しく今回のコラムに賛成です。もうよくわかります。後輩を車に乗せて終電が無くなったから送ってやるとかの時にも激しく運転に文句を言ってきたりされると本当にイライラします。かといってそいつらもどうせ自分より上手い訳ではないだろうけどギャーギャーわめくんです。それが女だと甲高い声で腹立たしい。あ、コラムの主旨と少しずれたかもしれないですが賛成してます。
ホント、相手を上から見るような指摘って腹立ちます。
Posted by 猫人間 at 2006年10月24日 03:26
>猫人間
おお、賛成していただいてありがとうございます。そんなことがあったのですか、心中察しますよ。
ふと思ったんですが、送ってあげているわけですよね。にもかかわらず「激しく」文句を言うのはどういうわけでしょうか。だめですよね。
僕は運転について、これから危ないことがあるような状況ならアドバイスしますけど、すでに終わったことについては何も言いません。
それに、ちょっとくらい危なくてもかまいませんん。運転してもらってるのですもの。事故ったなら事故ったで、別にいいやと納得して乗っているのですもの。感謝こそすれ、ささいなミスでギャーギャー言いません。
Posted by 映画委員長 at 2006年10月24日 15:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。