2006年10月05日

結果無価値と行為無価値

こんにちは。久しぶりの更新となります。今日は大阪大学大学院高等司法研究科からお届けします。



いよいよ法科大学院の後期の授業がはじまりました。いやー、夏に遊んでバイトしたぶん、がんばらないと。まあ僕の人生は中学受験だって、大学受験だって、追い込み型でしたので。ゴールはまだまだ先です。隣に見える風景もあれば、出会う人もいます。のんびり、そしてゴール前の直線では稲妻のようなレースを見せたいと思います。



それにしても夏は遊んだなあ。四国にも山陰にも三重にも旅行に行ったし、日本海に泳ぎにも行った。まだ青春しているような、ハッピーな夏だった。夏期講習があったのでバイト代がたくさん入った。まあこれは定期代65000円と毎月の携帯代15000円と教科書代15000円に溶けたんですけどね。ともあれ勉強はしていない。



さて、最近悩んでいることがあります。これがブログのタイトルとなっているものです。日本の刑法学者は大きく二つの考えに対立を見せています。それが「結果無価値」と「行為無価値」と呼ばれる対立です。



「結果無価値」は結果をのみ見るんです。極端になれば、殺す気はなかったのに、あやまって人をあやめてしまった場合はアウト。残虐に一人殺すも、親の敵で一人殺すも同じ。そんなもん。



「行為無価値」は行為する人の心を見るんです。だから、「こいつの財布をすってやろう」と考えただけでダメ。極端な論ではね。実際はそんなことでつかまらないですよ。



で、それぞれ教科書が違うんですが、どちらの教科書を用意しようか迷っています。個人的には結果無価値なんだ。やっぱり人が間違いを犯したならば、結果によって判断されるべき。でも、日本の法律家の実務は行為無価値なんです。行為無価値の方が答案書きやすいらしいし、阪大の授業も行為無価値。そのかわり結果無価値の本はもうもってるから、結果無価値をとるなら、本を買う必要はない。



行為無価値の本、探したんですけどね、基本的にこれまでノーマークだったので(法曹を目指すとか考えてなかったので)、いい本がわかりません。



どうしよう。途方に暮れておるのだ。



まあ話はズレますけど、この結果無価値と行為無価値の対立、普通の生活でもありますよね。たとえばさ…



A「なんで待ち合わせ遅れたん!?」
B「いや、電車がさ、事故でストップして…」
これに対しての答えが、



A「はぁ?意味わからんし。言い訳せんとってや」と言えば、結果無価値。
A「そっかー、事情あってんな。たいへんやったね」と言えば、行為無価値。



ほかにも…



A「今、タバコポイ捨てしようとしたやろー」
B「思ったけど、でも結局ポイ捨てしなかったよ」
これに対しての答えが、



A「そっか、まあせえへんかってんやったらオッケー」ならば結果無価値。
A「やっぱりそう思ったんや。最悪やな」ならば行為無価値。



日常の人に接するときの考え方に使えますよね。あなたは結果無価値?それとも行為無価値?僕は結果無価値。その方がスッキリと判断できるから。それに人の心はわからないから。推測したようでも、嘘ってものがあるから。



注釈だけど、結果無価値の人も、行為無価値の人も、互いを非難しあっているだけではなく、ちゃんとお互いのいいところを研究しあって取り込んでいってるんだよ。
posted by 映画委員長 at 14:46| 奈良 ☔| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
阪大の授業って行為無価値なんだ…

参考になるかどうかわかんないけど、自分のことを。
僕も迷った時期があったけど、結局は結果無価値を使ってるよ。基本書としてはM田先生の本を参考にしてます。
最近では結果無価値の中でもY口先生の本が主流になりつつあるようです。確かに理論的には一番すっきりするんだけど、教科書に書いてある記述を未知の問題へ応用して正確に書けるかといわれると僕にはムリです。

Posted by ナラ at 2006年10月07日 15:28
今日京都の嵐山行きました。
歴史とか自然とか思い出とか・・・普段なかなか感じれないコトを感じた得がたい1日でした。
3連休は楽しいねー♪
Posted by ゼルビス@廃車寸前(?) at 2006年10月09日 01:15
>ナラ
結局僕は前田説を貫くことにしました。どうも修正結果無価値で、行為無価値とめちゃくちゃはかわらなさそうだし。
というわけで、同級生の人に2000円で前田刑法総論を売ってもらいました。新品同然♪
これで一から線を引いて、一から前田説を勉強しようと思います。阪大の授業は無視です。


>ゼルビス@廃車寸前(?)
嵐山いいなー。僕も行こうかなと計画中。このまえ清水寺とか、あのあたり行ってきたよ。
歴史とか自然か…奈良の僕にはそれほど新鮮じゃないなあ。
あ、でも!思い出は同感。蕎麦とか、みたらしだんごとか、ワラビもちとか…食うもんばっか(笑)
Posted by 映画委員長 at 2006年10月13日 16:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

受験に合格できるたった一つの重要なこととは?【大学受験レスキュー】
Excerpt: どうも〜かず@大学受験レスキューです。「どうにか最短で成績をのばせないのだろうか?」だれもが思っているこの悩み。答えは簡単以下のことを●大学受験においては苦手科目をなくせ!大学受験においては得意分野を..
Weblog: 大学受験レスキュー
Tracked: 2006-10-14 09:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。