2006年08月28日

ゲバ戦記

どうも。難波の地下でやっている徹夜映画館「共産」で、ゲバ戦記を見てきました。スタジオズブリが手がける、運命の物語です。



暗い映画館は、足元すら見えなかった。ポップコーンを頼んだら、100円のポップコーンを目の前で容器に移してくれた。ウーロン茶もスーパーで売っている198円のお徳用ペットだ。



夜中の客層は、それはひどいものだった。後部座席にはひるがえる赤旗、イスの上から少し見えるのはヘルメット。そして灯油の匂い。



しばらくして映画ははじまった。



党の規律を守らなかったために粛清される王様。
タクラマカン砂漠への逃避行。
「書記長ともあろうものがざまあない!」



スタンディングオベレーションで拍手喝さいの客席。「革命だ!革命だ!」中には涙を流して握手を交し合う人も。



その後感化された客たちは、映画館を封鎖し、機動隊とにらみ合いを続けていたということ。



しかし、良い映画でした。主張がある映画に悪いものはない。



スタジオズブリの中では、けっこう見れた映画でした。僕の中でスタジオズブリに順位をつけると…



耳を澄ませば
紅の豚
おもひでぽろぽろ
天空の城ラピュタ
ゲド戦記
風の谷のナウシカ
千と千尋の神隠し
となりのトトロ
魔女の宅急便
火垂るの墓
平成たぬき合戦ぽんぽこ
もののけ姫
海がきこえる
ハウルの動く城
猫の恩返し
ホーホケキョとなりの山田くん



というあたりでしょうか。前回のハウルがつまんなかったので、今回はまだおもしろくて良かったです。いろいろ解説をつけたいところなのですが、まだ見てない人も多いと思いますので、解説は控えたいと思います。



なお、最近江國香織の「きらきらひかる」を読みました。くっだらねえー。



なお、最近リンドバーグを聞いています。すっごくイイ!!



次はですね、東京フレンズあたりを見に行こうかと思っています。花田少年史は見に行くの確定。ただ、東京フレンズはハズレのにおいが幾分するなあ…大塚愛あたりが。
posted by 映画委員長 at 12:46| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やはり耳をすませばが1位ですか。たしかに良い作品であると思います。ヒロインの父親のセリフが棒読みすぎるのが残念なのか、それともオイシイのか。あのネコの置物何て名前でしたか?
ハウス食品の名作劇場ピーターパンの冒険のピーターパンがブサイクなのは残念なのか、それともオイシイのか。
Posted by バカ学 at 2006年08月31日 01:30
>バカ学
ジブリの父親はみな棒読みですよね。魔女の宅急便しかり、となりのトトロしかり。まるでねらったかのようなキャスティングです。
あの猫はフンベルトフォンジッキンゲン男爵だったと思います。すごい名でしょう?
ピーターパンは知らないのですが、ロミオの青い空の死神はいったいなんだったのだろう、と思います。あれは次元ではないのか。次元だとしたらどうか。次元でないとしたら、その論拠は何か。
Posted by 映画委員長 at 2006年09月01日 00:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22920663

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。